キング・オブ・エクササイズ

人の体は運動をしないと年に約1%ずつ筋肉が衰えてしまいます。1%と言われてもピンとこないかもしれませんが・・。この1%という数字はかなり大きいです。

例えば25歳の人が何も運動をせず35歳になると10年で約10%の筋力が衰えることになります。20代女性の平均筋肉量は約20kgなので、10年で約2kgの筋肉が減る計算になります。

約2kgの筋肉が減ると基礎代謝自体は26kcal減るだけなので大したことないように思えますが、筋肉が多い人は肝臓や腎臓、心臓といった代謝が活発な組織も大きい傾向にあるので筋肉減が内臓機能に与える影響を考えると計り知れません。

では、どの筋肉が衰えやすいか?

普段、重力に逆らっている筋肉は衰えやすい傾向にあるようです。体を支えたり、姿勢を保持する筋肉のことです。

①大腿四頭筋(太ももの前面)
②大臀筋(お尻)
③脊柱起立筋(骨盤から首までの背骨周り)
④大腰筋(腰、骨盤まわり)
以上の筋肉は衰えやすい筋肉です。

それら衰えやすい筋肉を同時に使う種目があります。それは・・スクワット!!

出典 : MULTIYEAR WEIGNT TRAINING

人がいつまでも若々しく生きる上で
鍛えないといけない筋肉を
鍛えることのできるスクワット。

高齢の方から〜アスリートまで。
強度は違えどバリエーションは無限にあるため、正しい知識と工夫次第で体を効率的に鍛えることの出来る種目。

それがスクワット。
だから【キング オブ エクササイズ】です。

たった一度の人生、いつまでも健康で美しく。

PAGE TOP